水道工事が必要かなと思う洗面所のトラブルとは

水道工事が必要かなと思う洗面所のトラブルとは 洗面所は、洗顔や歯磨きのほか、メイクや身だしなみチェックでも欠かせない場所です。最近では、シャワー機能がついた洗面所もあるので、朝シャンに利用しているという女性も多いでしょう。洗面所の鏡で何回も顔を見るという人もおり、女性にとっては自宅の中で長い時間を過ごす場所かもしれません。
快適かつ清潔に時間を過ごしたい洗面所ですが、水やお湯が流れる場所であることから、水回りにありがちなさまざまなトラブルが発生する場所でもあります。特に一人暮らしの女性は、突発的な水のトラブルが生じた場合、どの時点で水道 工事を依頼すればいいかわらかないということもあるのではないでしょうか。そこで、水道工事が必要かなと思う洗面所のトラブルについて考えてみましょう。

■水が詰まる

突発的に起きるだけでなく、どう対応すればいいかわからない洗面所の水のトラブルに、排水管の詰まりがあります。洗面所はそのまま水を流すだけでなく、洗顔や小物洗いなどで栓をして水を溜めて洗うこともあります。いつもなら栓を抜けば排水されるはずなのに、いつまで経っても水が抜けないというトラブルが発生することもあるでしょう。
洗面所のシンクやボウルはそれほど水を溜めることができないため、排水ができないことに気づかないで水を出しっぱなしにして洗顔などをしていると、アッという間に溢れて洗面所の床が水浸しになる可能性もあります。水が詰まる原因には、髪の毛などの異物が詰まるだけでなく、排水管が老朽化して思うように排水できていないことも考えられます。

■お湯や水が漏れる
洗面所に行くと数時間使っていなかったのにもかかわらず、ボウルやシンクが水で濡れている場合や、蛇口からポタポタと目に見えてお湯や水が漏れているのに気づくことはないでしょうか。はじめは、蛇口をきつく締めなかったからだと考えて、締め直してもしばらくすると同じような状況が繰り返し起こることもあります。
蛇口の締め忘れや緩みではなく、蛇口自体に問題があって水漏れしている可能性があります。また、蛇口は洗面台に接合しているため、その接合部分の境目から水が漏れていることも考えられます。蛇口は長年使用していると毎日繰り返される開閉によって部品が摩耗して劣化します。すぐに水道の工事が必要なレベルなのかどうかを見極めて対処する必要があるでしょう。

■お湯が出ない

洗面所の蛇口をひねってもいつものように勢いよくお湯が出てこない、リモコンで適温に設定しているのにお湯の温度が低い、というようなトラブルが生じることもあります。これは、給水管や蛇口、排水管などの故障ではなく、お湯を沸かして供給する給湯器に何らかの故障があることが考えられます。
一般の家庭では、洗面所だけでなくお風呂やキッチンの給湯が一括で管理されているのが普通です。そのため、洗面所から出るお湯に何らかの異常があるということは、キッチンやお風呂でも不具合が生じているということになります。給湯器は通常家の外壁に取り付けられているため、外にでて自分の目で確認しないと水道や電気、ガスの工事が必要かどうか見極めることは難しいでしょう。

■まとめ
洗面所は、メイクや洗顔、歯磨きなどで女性にとっては大切な場所です。いつもきれいに使いたいと思っていても、水を扱うところでもあるため水のトラブルが起きやすく場合によっては不衛生になることもあります。朝シャンすることもある洗面所は、日頃のブラッシングでも髪の毛が詰まりやすく排水管に水が流れなくなることもあります。
また、1日に何回も蛇口を開閉するので、部品が劣化してきちんと水が止まらなくて漏れてしまうこともあります。さらに、給湯器の不具合により適量のお湯が出なかったり、出てくるお湯の温度が極端に低くなったりすることもあります。これらの問題に水道工事が必要かどうかについて考えてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース